スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敏捷とわたし

2008年10月06日 00:00

おはこんにばんわ。
どうも予約投稿です。

敏捷の夕べで気付いた事をいくつか。


・龍と敏捷
お世話になりっぱなしなwikiの殴り魔育成にのっている
竜に関しては-3がほぼ限界値。それ以上は速度の上昇が体感できない。
の部分ですが、結果を言ってしまえば体感はできる。
という結論で。
殴り魔前提で考えると攻撃のグラフは3か4になってると思われます。
その上でレベルを上げていくと素の敏捷+装備についている+αの敏捷+ペットの敏捷
これだけで速さを体感できる敏捷にするには無理があります。
-10程度だったら龍限定の話しですが-3とそんなに変わらないと思います。
やっぱり劇的に速さが目に見えてくるのは敏捷がマイナスになった瞬間。
それと-30あたりからではないかと思います。
あくまでも敏捷極だったり敏捷装備ってのは牛のスキルを除いて趣味の範囲。
一般的な観点から言えば-3確保できればおkというwikiの書き方は間違ってはいないと思います。
ただ、-3で打ち止めではないので夢を諦めないで!



・獅子と敏捷
第一回、第二回と敏捷装備をお貸しして殴る獅子を見ましたが
速いという感想がいたるところかでてました。
クリのモーションが遅いイメージですが昨日の獅子さんは
確か敏捷-30程度でクリのモーションが若干キャンセルされてました。
他のキャラだと兎のクリも-50あたりで多少のキャンセルが入ります。
処理が追いついていないという可能性も無くせませんが。
殴り狐で実証されいるL7、LDの有用っぷりを考えれば敏捷獅子にもロマンがありました。




・狸と敏捷
クリを連発できれば絶対に速いですがそれには幸運、命中などをどう確保するかという難題が。
敏捷を確保できるまでどれだけ我慢できるかが育成のキモのようなそうでもないような。




・牛と敏捷
実装されていくスキルを考えると属性牛の天下。
しかし牛は唯一敏捷がスキルに影響を及ぼす存在。
殴りの速度は可もなく不可もなく。




おしくらに少ない男キャラの敏捷を見れたのが今回の収穫。
そして一番、敏捷不遇なのが猫な気がしてならない。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://625days.blog44.fc2.com/tb.php/102-463ca6d3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。