スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか釣りみたいになった

2008年12月02日 22:06

おしくらのこるよ!

権限を渡してぐにゅ以外を抜きました。

今後ともどうぞよろしくらしいです。



>くうちゃん
泣いた
スポンサーサイト

お知らせとごめんなさい

2008年12月02日 20:44

12月になりいかがおすごしでしょうか。

このたびぐにゅさん。
もう少ししたらインターネットに繋ぐのが困難な状況になります。
たまにネットカフェからとかもありえますが
基本的には無理です。
いつくらいには繋がるとかもわかりません。
そもそもこの時点で手探りな現状です。
キャラデリはしませんが半引退状態になると思います。
なので申し訳ないのですが
ギルド「おしくらまんじゅう」を解散したいと思ってます。
理由はそもそも勢いで始めたおしくら。
いつのまにか色々な人を巻き込んでサブが多いなりにも大所帯になりまして
楽しい日々を送れています。
ありがとう。
ギルマスを誰かに譲渡するのも考えましたが
それは自分の考える自由では無いので。
何か色々あると思いますが個人的な理由でごめんなさい。
残すってのも選択肢としては無いです。ごめんなさい。
来週言おうかとも思ったんですがいきなりもあれだなあと思いまして。
今日、解散させるとかはしませんが。

そんなお知らせでした。

PCの壁紙を変えたら違和感がある

2008年10月11日 22:42


これだと選んで設定したのは自分なのにおかしい。




さてさて敏捷キャラの育成も落ち着いてきましたおしくらさん。
タイミングさえ合えばINしてる人が1ページくらいいるのもありがたい話しですよね。
まったりとやっていきましょう。

今のところ計画中。

・攻撃命中敏捷感知幸運所持 な狐集合
・PC8キャラの敏捷極二次転職済みキャラ集合

前者はまあ、なんとかなりそうな感じ。
後者がどう考えても男キャラがいない。
作ります!と言った方々がんばれ。
所持極狐も作って見ると面白いですよ。
まさに歩く倉庫。
装備、カード関連が恐ろしいほどにもてます。




[PCの壁紙を変えたら違和感がある]の続きを読む

敏捷とわたし

2008年10月06日 00:00

おはこんにばんわ。
どうも予約投稿です。

敏捷の夕べで気付いた事をいくつか。


・龍と敏捷
お世話になりっぱなしなwikiの殴り魔育成にのっている
竜に関しては-3がほぼ限界値。それ以上は速度の上昇が体感できない。
の部分ですが、結果を言ってしまえば体感はできる。
という結論で。
殴り魔前提で考えると攻撃のグラフは3か4になってると思われます。
その上でレベルを上げていくと素の敏捷+装備についている+αの敏捷+ペットの敏捷
これだけで速さを体感できる敏捷にするには無理があります。
-10程度だったら龍限定の話しですが-3とそんなに変わらないと思います。
やっぱり劇的に速さが目に見えてくるのは敏捷がマイナスになった瞬間。
それと-30あたりからではないかと思います。
あくまでも敏捷極だったり敏捷装備ってのは牛のスキルを除いて趣味の範囲。
一般的な観点から言えば-3確保できればおkというwikiの書き方は間違ってはいないと思います。
ただ、-3で打ち止めではないので夢を諦めないで!



・獅子と敏捷
第一回、第二回と敏捷装備をお貸しして殴る獅子を見ましたが
速いという感想がいたるところかでてました。
クリのモーションが遅いイメージですが昨日の獅子さんは
確か敏捷-30程度でクリのモーションが若干キャンセルされてました。
他のキャラだと兎のクリも-50あたりで多少のキャンセルが入ります。
処理が追いついていないという可能性も無くせませんが。
殴り狐で実証されいるL7、LDの有用っぷりを考えれば敏捷獅子にもロマンがありました。




・狸と敏捷
クリを連発できれば絶対に速いですがそれには幸運、命中などをどう確保するかという難題が。
敏捷を確保できるまでどれだけ我慢できるかが育成のキモのようなそうでもないような。




・牛と敏捷
実装されていくスキルを考えると属性牛の天下。
しかし牛は唯一敏捷がスキルに影響を及ぼす存在。
殴りの速度は可もなく不可もなく。




おしくらに少ない男キャラの敏捷を見れたのが今回の収穫。
そして一番、敏捷不遇なのが猫な気がしてならない。



あなたにとっては小さな一歩かもしれないけども!

2008年10月05日 15:55

私にとっては大きな一歩なんですよ!
偉い人にはそれg

第二会敏捷の夕べが終了しました。
始まってしばらくは全体的にあー前回の二の舞か。
そういった空気を感じておりました。
めげずに敏捷の話しをする625さんが痛々しくもありました。
しかし訪れる参加者。

場所をPvへと移して実践が開始される。




2_20081005154933.jpg



これがふるぼっこっていうんだなって思いました。
何人いるのだかわかりませんよね。




3_20081005154940.jpg


そして倒れる二人目の犠牲者。
こう、冷静に見ると無表情で怖いね。



終ってみれば身内以外の参加してくれた方が5人もいらっしゃいました。
まさに奇跡。
次回は10人を目指しましょう。
これなかった人は次回をお楽しみに。


参加してくれた人、色々手伝ってくれた人。
みんなありがとうございました。



[あなたにとっては小さな一歩かもしれないけども!]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。